レストランメニュー
伊勢五十鈴川店OPEN予定

松阪まるよし 伊勢店

大衆食堂時の写真

松阪まるよしとは…

松阪まるよしは、1961年(昭和36年)に三重県松阪市で松阪肉専門の精肉店と大衆食堂として誕生しました。
時代と共に、大衆食堂からレストランへと変わりましたが、創業からの、美味しく良い物を少しでもお値打ちに。という信念はそのままに、ただひたむきに歩み続けて約六十年。
今では自社で生産(牧場)・加工・販売から直営レストランまで一貫しており、行き届いた管理の元、安心・安全な松阪牛をお客様の元へご提供出来るようになりました。

  • おはらい町通りおはらい町通り
  • おかげ横丁おかげ横丁

伊勢の地で2店舗

三重県の伊勢鳥羽志摩の代表的な観光地でもあり、日本人の心のふるさとでもある伊勢神宮。
二千年の歴史を有し、内宮・外宮をはじめ125の宮社からなる伊勢神宮を親しみを込めて「お伊勢さん」とも称されます。
その伊勢神宮 内宮前で栄えるおはらい町とおかげ横丁。
まるよしの店舗があるおはらい町は内宮宇治橋前から五十鈴川に沿って続く内宮の鳥居前町として発達してきました。

レストランと精肉店について

伊勢おはらい町店1階には揚げたてのコロッケやメンチカツなどの食べ歩き向けの惣菜テイクアウトと切り落としやサーロイン、ロースなどの色々な部位の松阪牛をお持ち帰りいただける精肉店があり、2階のレストランでは松阪牛を使用したすき焼き風の牛鍋からハンバーグ、焼肉、ステーキなどの様々なメニューがお召し上がりいただけます。また窓際のお席からはおはらい町の風情ある街並みを眺めることができます。
※お客様へ 
伊勢おはらい町店は松阪市内の店舗(鎌田本店・松ヶ島店)とは違う伊勢店専用メニューをご提供させていただいております。
またお昼(ランチ)の時間帯はたくさんのお客様が来店される為、お待ちいただく事もございます。

Instagram

松阪まるよし伊勢おはらい町店

伊勢内宮前店

  • 伊勢内宮前店
  • 伊勢内宮前店
伊勢内宮前店や周辺の取扱店様では、松阪まるよし独自製法で製造した松阪牛のしぐれ煮やホルモンを使ったもつ煮などの佃煮や牛丼の具、ローストビーフ、レトルトカレーなどの加工品やギフト、また精肉通販受付などもしております。

玉城牧場

玉城牧場
松阪まるよしは、自社で生産・加工・販売から直営レストランまで一貫しており、行き届いた管理の元、安心・安全な松阪牛をお客様の元へご提供しています。
仔牛の買い付けを実際に目で見て行い、飼料は自社でブレンドしたオリジナルの飼料を使用しております。
弊社では、自社牧場ならではの様々なこだわりを込めて、三重県度会郡玉城町の自然豊かな環境で一頭一頭大切に育てております。

松阪まるよしは、松阪牛の正規販売指定店ですので、
安心して世界のブランド牛と言われる三重県ブランド第一号の松阪牛をご堪能下さい。

  • 松阪肉牛協会員証
  • 松阪肉販売店指定証 松阪肉販売店指定証
  • 松阪牛証明書 松阪牛証明書
  • 牛の個体識別情報 牛の個体識別情報
  • 松阪牛商標登録証 【商標】
    松阪牛
    【登録番号】
    商標登録第5022671号
  • 松阪肉商標登録証 【商標】
    松阪肉
    【登録番号】
    商標登録第5022670号

お土産品について

お土産店では、松阪牛を使ったしぐれ煮やもつ煮、すじ煮などのお惣菜や レトルトカレーなどの加工品、松阪牛の牛革を使ったレザー小物、霜降りタオル、ぬいぐるみなどのオリジナルグッズ から三重の特産品まで 取り揃えております。

「松阪牛」「松坂牛」という表記について

松阪牛、松坂牛というように色々、表記される事もありますが、正式には「松阪牛」です。(阪という字が正式です。)また松阪肉、松坂肉は、豚肉(みえ豚)でも使用される呼称のため、区別するために一般的には松阪牛と書きます。
松阪牛の漢字の読み方は、まつさかうし、まつざかうし、まつさかぎゅう、まつざかぎゅう、など色々呼ばれていますが、「まつさかうし」または「まつさかぎゅう」が正しい読み方です。
また、海外では「松阪ビーフ(Matsusakabeef)」として知られています。